マンションを賃貸に出すメリット

住まなくなったマンションどうすべき?

マンション 賃貸に出す賃貸に出す

住まなくなったマンションどうすべき?家賃収入を上げるためリフォーム敷金の範囲内で維持管理コスト

両親と同居することになったので、ある程度の床面積を確保するために一戸建てに引っ越すことにしました。
マンションは売却するか賃貸に出すか迷いましたが、住宅ローンが完済していない状態でしたので売却するのは断念しました。
いろいろな方法があるとは不動産会社の担当者から聞きましたが、最終的にリスクヘッジの問題がポイントです。
不必要に負担を増やさないことが大切なので、住宅ローンが残っている状態で売却しようとしても足元を見られてしまう可能性がありますし、現実問題として今後どのような利息が増えてしまうのか不明なので売却を断念しました。
結果的にですが、賃貸に出すことになったものの家賃収入が得られる他にもメリットがありました。
まずはリフォームの大切さを実感できたことです。
自分で住んで暮らしている分には、少しくらいの汚れや傷などは気にしないで良いのですが、賃貸に出す場合はできるだけ美しい状態でないと家賃に影響してしまいます。
入居希望者が下見の段階で却下する可能性もありますので、見栄えは大切だと実感しました。